ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

旅する思い出(3)~ハイデルベルク~

昇格祝い、ということで抜歯以来、久々にお酒を飲んだら体調急降下。
二日酔いかと思っていたら食中りだったようで、まだ苦しんでます。
なかなか体力戻らないですね。困ったものです。

今回は古城街道のハイデルベルクをご紹介します。
日本のツアーなんかでも組み込まれていることが多い街です。
母とその友人2名を連れ、日本のバスツアーにて。
フランクフルトを朝発って、ハイデルベルクに寄り、南に下ってローテンブルクまでという内容です。
料金は一人1万円程度だったと記憶。
私と母だけならツアーの必要ないのですが、さすがに私も3人のおばさんの面倒は見切れませんわ。

c0051991_2119855.jpgハイデルベルク城です。
増築、改築を繰り返したため、建築様式がばらばらなんだそうです。現代人から見ればよくわからないですけどね。
窓がとんがっているとか丸いとか、そんなかんじです。
ここで結婚式も挙げられるのだそうですよ。お問い合わせは観光協会まで。
地下にはワインの大樽が。試飲も可能ですが有料です。



c0051991_21241042.jpg
ハイデルベルク城から見下ろしたカール・テオドール橋。この眺めは最高です。

ハイデルベルクにはドイツ最古の大学があります。ここの旧講堂の内部は本当に美しいのですが、写真は禁止でした。
担当の人が昼休みだと中に入れないので、時間を見計らって行きましょう。



c0051991_2130674.jpgハイデルベルクは学生の街。学生牢なるものも存在します。
牢屋とはいえ、ここに入ることはステータスだったらしいです。ちょっと不良少年がかっこいいっていうのと同じ感覚なんでしょうね。
内部にはいたるところに落書き。

ハイデルベルクは詩人や哲学者に愛された街でもあります。ハイデルベルク城からネッカー川を挟んで対岸には哲学者の道があります。
これは京都の哲学の道とは全く違うので注意して下さい。
かなり険しい山道で散策コースとしては1時間程度だそうです。
私達は時間があまりなかったので途中で引き返してしまいまいしたが、中腹からの景色は素晴らしいとのことなので、時間があったら是非、のんびり歩いてみて下さい。

最後に素敵なカフェのご紹介。
テオドール橋の城側、精霊教会の角あたりにあるクネーゼルというカフェです。
雰囲気もとってもいいしケーキも美味しい。可愛いパッケージのチョコレートをお土産にするのも素敵だと思いますよ。



もっと気合の入った旅日記が見たい人はこちらへ
[PR]
by marolon | 2005-02-19 21:41 | ドイツアレコレ
<< わたしのリゾート~ハルガダ~ 旅する思い出(2)~ミュンヘン~ >>