ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

アンダルシア三都物語~グラナダ→コルドバ~

c0051991_33249100.jpg
朝ご飯前にアルバイシンまでお散歩。
がたがた道を上がっていって展望台から見えるアルハンブラ宮殿は最高に美しい。
迷路みたいに入り組んだ小道、白い壁、バルコニーに咲く色鮮やかな花。
南国だ~



アルバイシンを後にし、中は見られないだろうけど外観だけでも、とカテドラルへ。
ん、何か正装した人がいっぱいいるぞ??
カテドラルの裏手には最後の晩餐を模した謎の置物(?)があり、その前に人だかりが。
誰かこの説明をして!?
ときょろきょろしてたら、たまたま目があったのがテレビのレポーター。
いきなりマイクをつきつけられ、「これについてどう思う?」(スペイン語わかんないって言ったら英語に切り替えてくれました)
どう思うもくそも、そもそもこれ何よ?

親切なレポーターさん(男前)はカメラを外し、親切に説明してくれました。
何でも聖体祭とか何とかいう1年に一度のお祭で、最後の晩餐は山車。こんなのがいくつかあるみたいで、街中を練り歩いた後、教会に納められるのだそうだ。
わかったようなわからんような。

ホテルに戻って朝ご飯を食べ、タクシーでバスターミナルへ。
一部道路が通行止めになっているので遠回りだったけど、特に支障もなく、到着。
コルドバ行きのバスに乗り、爆睡(__)。。ooOZZZZ

コルドバのターミナルに到着。
まずは隣の鉄道駅で明日のセヴィリア往復の切符を購入。
更に最終日のマドリッド行きのAVEも押さえてしまう。これで安心。

場所がよく分からないのでタクシーでホテルへ向かったけど、駅と街中の丁度中間辺りでどちらにも歩いていけそう。
安ホテルだけどどうせ寝るだけだし、充分。

c0051991_3571512.jpg早速荷物を置き、ナツ姉待望のメスキータへ。
拡張を繰り返してきたメスキータ。
時代毎に建築様式はやはりだいぶ違う。
人が集まるために造られたモスクとしてのメスキータは人が住むためのアルハンブラとは全然違うのね。
時代もだいぶ古いし。
でも、何よりも印象的だったのは写真スポットでいちゃつくゲイカップルでした。
あのねぇ、そこにいると写真に入っちゃうんですけどぉ・・・・・・



ワインショップで夜、ホテルで飲む用のワインとつまみを購入。
ショップのお兄ちゃんがなかなかいい人でした。

c0051991_18534268.jpgユダヤ人街でお茶してから、夜に備え、スウェーデンユニフォームを用意し、晩ご飯の場所探し。
スウェーデン戦は外せないバカ姉妹(ナツ姉と私)の指定は「テレビがあること」
うろうろしたけど、結局、ホテルの横のバールに決定。
ビールで乾杯し、あったかいものや冷たいものをちょこまかとつまむ。
適当に入った割には結構美味しい。
視線はテレビに釘付け。
他に誰も観てないけどな。自国以外興味なしかい??
スウェーデンが1点入れたときは一緒に盛り上がってくれたよ。



ホテルに戻って本日の試合のリプレイを見ながらワインで乾杯し、二日目終了。
[PR]
by marolon | 2006-07-16 04:08 | スペイン放浪
<< アンダルシア三都物語~セヴィリア~ アンダルシア三都物語~グラナダ~ >>