ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

シャンパーニュ飲んだくれ紀行(2)

c0051991_66260.jpgランスに戻った後、タクシーにて19時までオープンのセラーに向かうが、ツアー開始は18時が最終だそうで、それには残念ながら間に合わず。
タクシーの運ちゃん、「この信号は眠ってる」とか言って信号無視とかしてましたが、いいのか?
折角来たので、近くにある世界遺産、サン・レミバジリカ大聖堂を見学。
丁度、パイプオルガンのコンサートをやっていて荘厳な雰囲気。
外がかなり暑かったので教会独特のひんやりした空気が気持ちいい。

帰りはバスにてホテル方面へ。一人0.8ユーロ也。
安いです。

c0051991_611459.jpg夜、ホテルで飲むようのシャンパンをショップにて購入し、ホテルの冷蔵庫に入れてからごはん。
ホテルの近くにあるシーフードのレストランにしてみました。
ディナーに頂いたシャンパンはこちら、”PIPER HEIDSIECK(ピペ・エドシック)”
フルボトルで45ユーロくらい。ま、お手頃かな。

前菜に生牡蠣とサラダ、こちらはまぁまぁ。
主催はそれぞれ、私以外はみんなパスタ、私はサーモンのタルタルをチョイス。
フランスでパスタは食べるもんじゃないね・・・・・・マズッ( ̄口 ̄∥
魚介だけは美味しくて、具のホタテは美味しいのに~、とか。
私の選択だけが正しかったようです。でも、そんなに食べられない!ってくらいの量でした。

c0051991_6184865.jpg食後のコーヒーを飲んでから、夜のノートルダム大聖堂を見てきました。
予想通り、ライトアップが美しい。素敵です。
こういうのがやはり一泊する醍醐味ですな。



c0051991_6393130.jpgホテルにて飲んだのはこちら。
”GOUTORBE BRUT 1998 Vintage”でございます。
グランクリュのヴィンテージなんて、どんな安いセラーだって価値があるのだ!!!
こちら、ショップで19ユーロでした。ま、お手頃かな、と。

苺があったのでシャンパンに苺を浮かべて頂きました。
冷蔵庫の調子が悪くて冷えがイマイチだったのが悔やまれますが、幸せな味でした。




人気blogランキングへ
[PR]
by marolon | 2005-07-02 06:21 | フランス放浪
<< シャンパーニュ飲んだくれ紀行(3) シャンパーニュ飲んだくれ紀行(1) >>