ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

アイスランド珍道中(4)~滝ー!!!~

アイスランド3日目(日曜日)は冬の大自然満喫エクスカーションツアーに参加。
自分で考えなくていいって楽ちんです。
6500ISKって書いてあるけど、今は6800ISKです。

普段薄着の私もさすがにこの日は帽子と手袋完備。
一応、下着も暖かいのを着ておきました。

ブルーラグーンでツアー会社の人にピックアップして貰い、レイキャビクのBSIにて大型バスに乗り換え。
参加者がかなり多いようで、バスは2台。
解説は英語またはフランス語です。
私達が乗ったバスのガイドさんはフランス語の方が得意なようでした。

移動中はガイドさんの話(アイスランドの基礎知識やら歴史やら宗教)を中途半端に通訳。
固有名詞言われると分かんないし、そもそもアイスランドの国そのものには全然興味ありませんから。
人口密度は3人だそうですが、沿岸部にしか人は住んでないそうです。
レイキャビクとその周辺に60%の人が住んでるとか何とか。
内陸はかなり険しい山で(火山国ですからね)、雪も深く、人が住めるようなところではないそうです。
後はノルウェーやらデンマークからの侵略の歴史、独立を勝ち取った話なんぞをしてました。
もう忘れたけど。

まず立ち寄ったのは地熱発電を利用したグリーンハウス(多分クヴェーラゲルジとかいうとこ)。
アイスランドってビニールハウスがかなり発達してるのと火山国で地熱発電がさかんなので、食物をかなり自給自足してるみたい。
バナナの生産はヨーロッパ一なんだそうですよ。びっくり。
ここではバナナの木を見ることができます。ついでに美味しいソフトクリームでもいかがでしょうか。

そして、死火山ケリズの火口湖へ。冬なので凍ってます。
伊豆あたりにこんなのありましたっけね??あそこは水溜まってないけど。
冬だとかなり滑るのでご注意あれ。

後で行く黄金の滝グトルフォスとの比較に小さな滝に寄る。それでも結構でかいんですけど。

ナツ姉一番のお楽しみ、グトルフォス到着。
まじ凄いです。気温が高いみたいで凍ってはいませんでしたけどね。
ガイドのおねーさんの「泳げないからっ」っていうのが可笑しかった。
そりゃ、落ちたら死ぬわ。
雪の中をさくさく歩いて(中にはあからさまに滑ってる人もいましたが)、滝の傍に行くとまた大迫力。

次は私が一番楽しみにしていた間欠泉。
ゲイシールというのが有名ですが、これは滅多に噴出することはなく、時間も未定だそうで(でも、70mまで上がるんだそうです)。
でも、その隣にあるストロックルは30m級のを10~15分おきに吹き上げる。
一発目はまじで驚いて、近くにいたフランス人の男性二人組(後で写真を撮って貰うために話したらフランス人だと判明、ゲイくさい)に笑われました。
吹き上げる前のぼこぼこっとしたときのお湯の色が幻想的で好き。

最後はシングヴェトリル国立公園。
地球の割れ目、ギャウを見ることができる。プレートの造られるところらしいです(日本は消えるところらしい)。
ユーラシアプレートと北米プレートの境目なのかしら??
詳しいことは良く分かりません。勉強不足ですみません。
地球上で地上に割れ目が出ているところはこのアイスランドと、ヴィクトリア大瀑布で有名なジンバブエの二箇所のみ。
後は海底に隠れているのだとか。

一箇所、ギャウに深さ20mほど澄んだ水が溜まっているところがあります。
何千年も前の水だそうです。山からゆっくりと地下を通っておりてくるのでしょうか。
底の方にコインが投げられていますが、自分が投げたコインを底につくまで見えていると幸せになれるそうです。

以上でツアーは終わり。
アイスランドに来たからには一度は見ておきたいものばかりの充実した内容でした。
[PR]
by marolon | 2005-03-18 19:24 | アイスランド放浪
<< アイスランド珍道中(5)~最終... アイスランド珍道中(3)~ビー... >>