ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

タグ:京都 ( 7 ) タグの人気記事

一時帰国シリーズ④ ニッポンの夏~紫陽花の大原~

c0051991_159243.jpg

行ってみたかったけど、大阪在住中に行けなかった大原。
ようやく行くことができました。
梅雨真っ最中なので天気が懸念されましたが、幸いにも晴れ。

大原へは京都駅から直通のバスが出ているのですが、
大徳寺付近にある茶洛で京わらび餅を買うというミッションがあったため、
少々面倒くさいルートを通る羽目に。

まずは大徳寺前に向かいますが、
途中でアイドリングストップ中にバスのエンジンがかからなくなるという事件が。
交差点の前で立ち往生するバス。乗客も強制的に降ろされ、次のバスを待つことに。
これでわらび餅が売切れたらどうしてくれるっemoticon-0132-envy.gif

次のバスを待つ間、たまたまあった和菓子屋に行列。
「水無月 六月三十日」の文字があり、みなさん、水無月という和菓子を買い求めている様子。
なんだか分からないけど便乗して1つだけ買ってみました。
後で調べたら1年の折り返しである6月30日に半年分の穢れを祓うために食べるお菓子だとか。
外郎みたいな生地に小豆が乗ってるふにふにしたお菓子で普通に美味しかったです。

そんな事件もありつつようやく辿り着いた茶洛。
売切れ必須のわらび餅ですが、オフシーズンの平日ということもあり、まだありましたー。
無事ゲットemoticon-0102-bigsmile.gif

お隣のお蕎麦屋さんで軽めのお昼。
かね井さんというお蕎麦屋さんなのですが、雰囲気よくてなかなか素敵でした。
関西ではあんまり美味しいお蕎麦屋さんがないと思ってたけど、珍しく東京っぽいおそばが食べられる店。
やっぱりお蕎麦にはお醤油のがつんときいたツユがふさわしい。
メニューに茶洛さんのわらび餅ってのがありましたよー。
買っちゃったから食べなかったけど、売切れても食べられるのかしら?

いよいよ大原へ
[PR]
by marolon | 2010-07-12 01:41 | ニッポンアレコレ

一時帰国シリーズ② ニッポンの夏~鞍馬-川床編~

c0051991_19155598.jpg怪しい天気の中、叡山電鉄の鞍馬駅に降り立つ。
気温は低めで霧雨みたいなのが降ってる。

まずは鞍馬天狗とご対面。
弁慶殿、大雨にならないように見守っていて下さいemoticon-0139-bow.gif

いざ出発!



ケーブルカーもありますが、歩き始めでテンション高いので、つづら折れの道をてくてく登っていきます。
小雨がかえって気持ちいいくらい。
ケーブルカーだと通り過ぎてしまう由岐神社にお参り。
ガイジンの方が手水のお作法に習ってきっちりやってたのが印象的。
日本人だって分かってない人多いし、面倒くさいから省略しちゃったりするしね。

ここからが過酷でした。
本殿への道。坂は急だし湿気はすごいし霧雨も降ってるし。
雨だか汗だかさっぱり分からない状態に。
水分補給はマメにしないと、これはほんとに脱水症状になりますよ。

しんどいけど眺めは素晴らしいですよ。
c0051991_1924823.jpg


更に宇宙を感じる奥の院へ
[PR]
by marolon | 2010-07-10 14:01 | ニッポンアレコレ

伏見稲荷

c0051991_1023352.jpg初詣ではないのですが、千本鳥居で有名な伏見稲荷に行ってきました。
天気も良いし、まだシーズンなので本殿の周りは人も車もたくさん。

連なる鳥居の中をそぞろ歩く人たち。
初めのうちは進む人も帰る人もたくさんいましたが、山奥へ進むにつれ、まばらに。
以前訪れたときの記憶が曖昧だったのですが、想像以上にきつい。
殆どハイキングです。
ピンヒールのブーツで来てる人とかいましたけど、それはちょっと舐め過ぎなんじゃ・・・



東福寺方面へ抜けるコースなどもありますが、車だったので山をぐるっと回って本殿へ。
鳥居も途切れた山の中では殆ど人とすれ違うこともありませんでした。

1時間半ほどの行程でしたが、いい運動になりました。
c0051991_10214879.jpg

[PR]
by marolon | 2010-01-13 10:23 | ニッポンアレコレ

夏の終わりに

着付けのお師匠さんに大文字を見に連れて行って頂けることになりました。
関西にいるものの、たいして京都らしいイベントに参加することもなくおりましたが、ようやくです。

大文字の前に腹ごしらえ。
京野菜を使ったイタリアン、テアトリーノさんにて。
前菜もパスタも野菜たっぷり。万願寺唐辛子がこんなに美味しいなんて!
c0051991_1384416.jpg


腹ごしらえの後、京都造形芸術大学に向かいました。
場所がどこだかよく分らないんですが、山に沿うように建てられていて、構内は階段だらけ。
山を登ったところでタクシーを降りたのに、そこがまだ地下だったりね。

c0051991_139472.jpg大文字の観賞は屋上にて行われます。
お金持ってる大学ってそうなの!?
立派な能舞台があるんですよ。
屋上からは京都の街を一望できるんです。

せっかくの大文字なので、私も浴衣で。
朝顔柄に黄色の兵児帯です。バッグはフルラのクラッチ。

まずは上原まりさんによる琵琶の演奏。
何を言っているのか全然分らないのですが、引き込まれるものがありました。
芸術ってほんとに凄い。

そしてお楽しみの大文字。
ほぼ全部見えるようになっていて、点火から消えていくまで、じっくりと堪能できます。
一つの文字が2~30分。消えていくのは一抹の淋しさがあります。
私は関東の人間ですので、そんなに馴染みのあるものではありませんが、京都の人は尚更感じるものがあるのでしょう。
c0051991_13131655.jpg

c0051991_13121440.jpg


もう夏も終わりに近づいています。
[PR]
by marolon | 2009-08-17 13:20 | ニッポンアレコレ

軍鶏をいただく

兄に軍鶏のすき焼きをご馳走してもらいました。
水源亭にて。

c0051991_1644519.jpg美しく盛られた突き出し。
美味しかったですが、正直、どこにでもあるようなものでした。

圧巻だったのがお刺身です。
ムネ肉、モモ肉、肝、睾丸、砂肝、センズリなどなど。
何十種類もあるお塩と山葵、お醤油、ごま油等で頂きます。
これだけでも大満足。

メインは勿論、軍鶏すきです。
卵につけて頂きますが、白身がメレンゲ状に。
ほわんとした口当たりがステキです。
季節のきのこを別料金で追加しましたが、
これがまたうまいのなんの。

残った具を卵で閉じて、最後は親子丼で〆。
美味しかったです。

お兄様、ご馳走様でした。


ちなみに一家4人、お泊りはこちらで。
c0051991_16134748.jpg

[PR]
by marolon | 2009-01-27 16:15 | 美味しいニッポン

ニッポンのたびごはん

美味しいものがある旅はそれだけで幸せ。
帰国してから海外には縁遠い生活ですが、西日本も楽しい。

c0051991_13245376.jpg坂出のうどん。
がもううどんにて。本場です。
あったかいかけうどん小(1玉)にナスの天ぷらと温玉のせ。

外のベンチで頂きました。幸せemoticon-0115-inlove.gif



c0051991_13251298.jpg京都の生麩。
半兵衛麩にて、むし養いランチ。
町家で頂く生麩と京湯葉。
結構ボリュームがありました。
1時間半ほどかけて熱燗をちびちびしながらゆっくり頂く極上の時間。
お庭もステキでした。
[PR]
by marolon | 2009-01-21 13:33 | 美味しいニッポン

ニッポン世界遺産紀行~清水寺(京都)

c0051991_1023107.jpg


清水寺って世界遺産認定されてますか?

紅葉真っ盛りに3連休が重なった京都。すごい人ですがやっぱりきれい。
紅葉の名所と言われる永観堂や嵐山はさらにすごいことになっているのでしょう。

33年に一度御開帳というご本尊も特別開帳されており(前回は8年前、次は25年後)、
なんとなく有難い気分になりました。
ちゃんとご本尊様と縁を結んできましたよ。
[PR]
by marolon | 2008-11-27 10:37 | ニッポンアレコレ