ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

タグ:中東 ( 22 ) タグの人気記事

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage19デッドシーで浮遊体験

長らく続いたイスラエル・ヨルダン旅行記もようやくラストとなりました。
最後にたっぷり堪能したホテルのスパ(死海浮遊体験)のレポートです。

スパには真水(屋内/屋外)、海水塩分濃度(屋内)、死海塩分濃度(屋内)の3種類があります。
シャワーやサウナも完備。
バスローブやタオルはいくらでも交換して貰えます。

真水プール
c0051991_17330885.jpg
c0051991_17330813.jpg
奥に見えるのはデッドシーですよ。
c0051991_17330815.jpg
水はきれいでした(GoProで撮影)。
c0051991_17330834.jpg
c0051991_17330872.jpg
外から見るとこんな感じ。

屋内から。
c0051991_17330855.jpg
そして死海塩分濃度プール。
c0051991_17330887.jpg
浮きます。本気で浮きます。
沈もうとしても浮きます。
足つくの大変です。
そして塩分にやられて肌が痛いです。

しょっぱいを通り越して苦い。
恐くて顔つけられません。
マスクしても嫌っ

続いてプライベートビーチへ。
c0051991_17330714.jpg
プールがあり、更に下ります。
c0051991_17330795.jpg
世界で一番低い土地。海抜-420m!
c0051991_17330789.jpg
死海プライベートビーチでは浮遊体験ができますよ。
長く浸かっていると痛いのでほどほどに。

以上で8日間に渡る旅はおしまい。
楽しい時間でした。
c0051991_17435765.jpg


[PR]
by marolon | 2014-06-03 23:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage18デッドシーのごはん

スパリポートの前にごはん。

ヨルダン最後の夜はホテル内のレストランで豪勢に。
中東料理に高いお金を出すのもね、ということでイタリアン。

ビールで乾杯。
c0051991_17244461.jpg
横にある丸いのはパンです。
そしてワインはヨルダンリバー。
普通に美味しいワインでした。
c0051991_17261733.jpg
ペンネアラビアータ。暗かったのでお料理の写真がこれしかありません。
c0051991_17244439.jpg
可もなく不可もなく、といったお料理でした。

そして朝食。
朝食会場のレストランがステキです。
c0051991_17244499.jpg
普通のブッフェスタイルでしたが、普通に美味しかったと記憶しています。
c0051991_17244446.jpg

[PR]
by marolon | 2014-06-03 22:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage17デッドシーへ

ワディラムを後にし、デッドシーへ向かいます。
夕暮れ時、海抜0m地点へ。
c0051991_16533791.jpg
ここからぐんぐん下って行くと、気温もぐんぐん上がって行きます。
1月の夜なのに気温20度。暖かい。
宿泊したのはモーヴェンピックホテル&リゾート。
夜のリゾートもステキ。
c0051991_16533743.jpg
お願いして既にクローズしているプールやビーチエリアへも突入。
対岸にエルサレムが見えるんですよ。
c0051991_16533794.jpg
c0051991_16533720.jpg
お部屋は普通ですが、今までスタンダードクラスばかりだったので、5つ星は快適。
c0051991_16533734.jpg
次の日もお天気に恵まれました。
c0051991_16533755.jpg
広い敷地内に建物が点在しているタイプ。
恐らくこの辺りの高級リゾートでは一般的なスタイルなのでしょう。
c0051991_16533766.jpg
c0051991_16533718.jpg
ロビーも広々。
c0051991_16592567.jpg
c0051991_16533748.jpg
スパ編に続きます。


[PR]
by marolon | 2014-06-03 21:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage16ワディラム

次なる目的地はアラビアのロレンスの舞台にもなったワディラム。
世界遺産に認定されているベドウィンが生活を営む砂漠。
c0051991_15222963.jpg
ビジターセンターからジープに乗り込み、出発です。
c0051991_15222936.png
Go Proで車載動画やってみました。
こんな風景がずっと続きます。
c0051991_15222989.jpg
c0051991_15222954.jpg
ロレンスの泉。
c0051991_15222914.png
砂山にも登れます。
はだしだと気持ちいい。
c0051991_15222931.jpg
ブリッジがそこかしこに。
写っているのは私ではありません。
c0051991_15222979.jpg
こーんな高いところにも。
行ってませんけど・・・・・・
c0051991_15222957.jpg
ここも広大でした。

c0051991_15222925.jpg
c0051991_15271193.jpg
砂漠のキャンプでランチを頂きます。
やっぱりチキン。美味しかった。

[PR]
by marolon | 2014-06-01 01:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage15ぺトラ遺跡あれこれ

とにかく素晴らしかったぺトラ。
どこを切り取っても壮大。
これでもまだ全体の1%しか発掘されていないと言われています。

c0051991_15004161.jpg
c0051991_15004108.jpg
c0051991_15004153.jpg
c0051991_15004138.jpg
c0051991_15004118.jpg
c0051991_15004027.jpg
c0051991_15004051.jpg
c0051991_15004028.jpg
c0051991_15004046.jpg
c0051991_15004036.jpg
c0051991_15041848.jpg
c0051991_15043837.jpg
c0051991_15045659.jpg
行けば絶対分かります。
この素晴らしさ。
日没で泣く泣く終了しましたが、まだまだ行きそびれたところがいっぱいある気がします。
もう1日は欲しかったなぁ。

[PR]
by marolon | 2014-06-01 00:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage14ぺトラのごはん

続いてぺトラのごはん。
夕方に到着し、ぺトラ・バイ・ナイトの前に腹ごしらえ。

ぺトラ遺跡に一番近いぺトラゲストハウス(現在はクラウンプラザらしい)の
洞窟レストラン、その名もCave Barにて。
c0051991_15401713.jpg
c0051991_15401714.jpg
なかなかステキです。
c0051991_15242313.jpg
野菜と鶏肉をトルティーヤで包んだものを生ビールとともに頂きました。
決してお安くはないですが、かなり美味しかったです。
イスラエルもそうですが、ヨルダンも鶏肉は間違いがないです。

c0051991_15242214.jpg
つねに足元をうろうろし、エサをねだっていたにゃんこ。
かわいい。

ぺトラ遺跡内では博物館のところに立派なレストランがありますが、繁忙期だからなのかアラカルトメニューがなく、ビュッフェは無駄に高いのでやめて、王家の墓などが見える丘の上にある小さな茶店で質素なごはんを頂きました。
c0051991_15440327.jpg
ツナのサンドイッチ。
ほんとにこれだけ。もちろんこれを二人でシェア。
ザクロジュースにも初挑戦。
味は悪くないけど、舌に残るつぶつぶが渋い・・・

ぺトラで朝8時から夕方4時過ぎまで殆ど休憩なしに動き回り、疲れた体にはコレ。
c0051991_15242219.jpg
ヨルダンにはモーヴェンピックホテルがたくさんあるようです。
私の中ではモーヴェンピックといえばアイスクリームだったのですが、ここもホテル内にあるアイススタンド。
美味しかった。

晩ごはんはビール必須、ということでアルコールの置いてあるレストランを厳選。
c0051991_15242322.jpg
これはヨルダンのビールなのかな?
至って普通。
c0051991_15242307.jpg
ひよこ豆のスープに(見た目微妙だけど結構おいしい)
c0051991_15242385.jpg
メインは鶏肉と野菜を炒めたものをシェア。
やっぱり鶏肉は美味しい。
c0051991_15242331.jpg
今日はワインも。
劣化してたみたいで微妙なお味でした・・・

[PR]
by marolon | 2014-04-29 17:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage13アンマンのごはん

ぺトラの大物以外のところがあまりにまとまらないので、閑話休題。
まずはアンマンで頂いたものから。
c0051991_15170537.jpg
アンマンに到着したのは夕方。
今更街を散策している余裕もなく、歩いて行ける範囲にあった謎のショッピングモールにあったフードコートみたいなところでごはんを食べました。
注文はもちろん指さし会話!
焼き飯の上にピリ辛チキンが乗ったやつにカレーっぽいものをかけて頂きます。
これが意外と美味しかった。
二人で1人前でおなかいっぱいになりました。

c0051991_15170583.jpg
イスラエルから国境を越え、ぺトラに向かう途中のドライブインみたいなとこで。
やはり二人で一人分。
色々お肉のグリルにサラダとフームス付。
ピタパンもつくのでこれで十分。
ビール飲みたいけどイスラムだからないの。
仕方ないからあったかい紅茶で。

アンマンには1泊しなかったのでこれだけ。

[PR]
by marolon | 2014-04-29 16:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage12ぺトラ遺跡④エド・ディル

ビジターセンターから平地を2時間散策した後、山登りを開始して45分。
c0051991_11101657.jpg
こんな景色に会えたら疲労も足の痛みも吹っ飛びますよ。
この豆粒な人見たらこの建物の大きさが分かるはず。
高さ42mありますよー。
現在発掘されているぺトラ遺跡の中で最大。
でも、まだ全体の1%しか発見されていないというし、まだまだ大きなものが出てくるかも!?
修道院だった建物だそうです。
c0051991_11101691.jpg
ちょっと近くに寄ってみました。
c0051991_11101644.jpg
更に寄ってみました。
c0051991_11101662.jpg
では、中へよじ登ってみましょう。
入口の高さが私の身長くらいありましたので、中にいる人に引っ張り上げて貰いました。
c0051991_11101637.jpg
中から!
空が青い!
c0051991_11101626.jpg
パノラマで見るとこんな感じ。
素晴らし過ぎる。






おまけ
[PR]
by marolon | 2014-04-29 12:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage11ぺトラ遺跡③エド・ディルへの道

c0051991_15592730.jpg
役に立たないガイドとともに通り過ぎた遺跡群は帰りにじっくり見ることにして、
ガイドを追い払った後、現在発掘されている中では最奥にある
エド・ディルへ向かって山登りを開始しました。

ロバで登ることもできますが、やはりここも自分の足で登った方が感動が大きいと思います。
ちなみにロバのお値段、10ドル程度から始まりますが、聞いた限りでは最後は2ドルで叩き売りみたいになってました。

階段を登って行くと、
c0051991_15592788.jpg
こんな景色や
c0051991_15592761.jpg
こんな景色や
c0051991_15592714.jpg
断崖絶壁や
c0051991_15592701.jpg
登ってきた感満載の景色や
c0051991_15592860.jpg
奇石などに出会えます。

c0051991_15592718.jpgかわいいわんこや











c0051991_15592771.jpg
眠りこけるロバなども。
c0051991_15592745.jpg
ようやく頂上です!

[PR]
by marolon | 2014-04-28 16:00 | ヨルダン放浪

ヨルダン・イスラエル旅行記~stage10ぺトラ遺跡②エル・カズネ

c0051991_12025003.jpg
シークを抜けるとドドーン005.gif
ご存じ、インディ・ジョーンズ最後の聖戦のロケ地にもなっているエル・カズネ。
ぺトラ遺跡の拠点ともいえる神殿なので、ここから始まり、ここに帰ってきます。
c0051991_12025038.jpg
頭の中でレイダースマーチ絶賛リピート中。
朝の時間だけ太陽の光を浴びてバラ色に。
c0051991_12025014.jpg
周囲も壮大。
c0051991_12025069.jpg
神殿に近づいてみると、こんな感じ。
地下にも何かあるようです。
c0051991_12025067.jpg
ラクダもいます。
お金払えばラクダで移動することもできます。
でも、体力があるなら歩いたほうがやっぱり楽しいです。





夕刻時
[PR]
by marolon | 2014-04-28 14:00 | ヨルダン放浪