ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

カテゴリ:オーストリア放浪( 1 )

ウィーン探訪

ハンガリーにいる会社の後輩と週末でウィーンへ行ってまいりました。
ウィーンは2年程前に一人で行って以来、二度目です。
そのときは寒くて雪も降ったりして、あんまりいい思い出がありません。
だいたい、内陸は好きじゃないのよ。←海大好き女

ウィーン空港にて車で拾ってもらい、市内へ。
まだ来たばかりで運転はやばめ。トラックの後ろをのろのろついていくようじゃいけませんっ。
「いいから抜いとけ~」という私に「でも、車が多くて車線変更できないんですぅ」とのたまう後輩。
ちなみに全然車は多くありません (デュッセルドルフ比)。
日本ではペーパードライバー、ハンガリーのド田舎に来て数ヶ月なので仕方ないですかね。
土地勘ゼロな上方向音痴(普段、勘だけで生きてますから)な私のナビとリカバリー不可な彼女の運転ではいつまで経ってもホテルに辿り着かないので、途中で交代しました。

ホテルは西駅近く。
チェックインしてすぐにオペラ座へ向かう。
市内交通24時間チケットは5ユーロです。
カールスプラッツで降りてオペラのチケットをとろうと思ったけど、今日の分は売り切れ。
ウィーンで今晩予約できる一番大きなコンサートは王宮のオーケストラ、ということでチケット購入。
チケット売りのおっさん(おにーさん??)が「25ユーロ、ガクセイ」とかやたらと言ってくるのですが、学生で通した方がよかったかしら??
学生証とか持ってないし、年齢的に無理なんですけど・・・・・・

おなかがすいて死にそうでしたが、時間的にがっつり食べちゃと夕飯が入らなくなりそうだったので、DEMELでザッハートルテなど頂く。
すっごい濃くて甘いのを想像してたけど、アプリコットジャムが入っていてチョコは濃いけど意外とあっさり。これなら一切れ食べられます。
2年前はカフェ・ザッハーでしたが、こちらは甘くない生クリームつき。でも、かなりクドくて半分ほどでギブアップでしたわ。

一旦ホテルに戻って着替えをして(一応、コンサート用服を持ってきたので)、王宮へ出向く。
場所がよくわからなくて遠回りをしてしまい、10分ほど遅刻してしまいました。
40人ほどのオーケストラでオペラ歌手3人(ソプラノ、アルト、テノール各1人)が交代で歌ったり歌わなかったり、有名な曲(しかも短め)ばっかりだったので飽きずに最後まで楽しめました。
さすがにウィーンですからレベルも高いし、無駄に笑いを誘う演出なんかもあったりして(打楽器のおにーさん大活躍)、超クラシック好きの人には物足りないかもしれないけど、お手軽にウィーンぽさを味わうにはお奨めです。
料金は47ユーロと35ユーロの2種類。座席は自由なので早めに行っていい席をとってもいいし、会場もそんなに広くないので、遅刻してもそんなにひどいって感じではなかったです。

22時にコンサートが終わり、そのまま日本食屋さん「優月」へ。
デュッセルドルフでは日本食食べられるけど最近は食べてないし、ハンガリーの田舎ではとても無理なのでね。
前菜盛り合わせと揚げ出し豆腐、野菜の天ぷら、お寿司をオーダー。
もの凄く美味しいわけじゃないけど、日本食というだけでしやわせ。
彼女が弱いのでお酒は控えめで。飲むときは浴びるほど飲むくせに、どうも人のペースに合わせがちな私。

日曜日はゆっくりチェックアウトして車でオペラ座へ移動。
地下パーキングに停めて、王宮内を散策です。
微妙な位置で微妙なポーズをしているモーツァルト像を見たりふらふらしてたら、馬車発見。
おっさんばっかりのなかに白い馬と青い馬車のイケメンにーちゃんを発見したので、時間と値段を聞いてみたら、20分で40ユーロ。
時間があんまりなかったのだけど、20分ならいいかしらね、と乗ってみる。
これが意外に楽しい。観光客気分を思う存分味わいました。

飛行場に向かう時間までカフェ・ツェントラムという結構有名らしいカフェでお茶。
昨日に引き続き、お昼ごはんはケーキです。
このカフェがクラシカルな内装で雰囲気もよくケーキも美味しくて、チェロとヴァイオリンの演奏なんかもしてて素敵でした。
王宮から歩いてすぐのところにあるので、ウィーン観光の際は是非。
DEMELよりずっと雰囲気はいいと思います。

そうこうしてたら時間ぎりぎり。
VWを煽ってみたり、BMWをインからかわしたりしていたので、後輩にはスピード狂と思われたようです。
そんなことはないのですよ。
普段、ドイツで走ってるとスピード感覚が狂いますね。




人気blogランキングへ
[PR]
by marolon | 2005-04-26 00:23 | オーストリア放浪