ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

カテゴリ:フランス放浪( 8 )

弾丸パリ旅~ジヴェルニー

c0051991_18092942.jpg
弾丸パリ旅行を決意した最大の理由はジヴェルニーを訪れること。
パリからノルマンディー地方へ向かって約80km。
午後からの半日ツアーで訪れました。

メーデーでも開いている数少ない施設、ということで雨にも関わらず観光客がいっぱい。
GWなので日本人もいっぱいでした。

まずモネの家。
c0051991_18092973.jpg
c0051991_18092997.jpg
家の中から。
c0051991_18092946.jpg
※家の中は撮影禁止ですが、外にカメラを向ける分にはOK

フランス庭園。
c0051991_18092927.jpg
c0051991_18170577.jpg
c0051991_18170516.jpg
そして有名な睡蓮の描かれた日本庭園へ。
c0051991_18092964.jpg
c0051991_18092910.jpg
残念ながら睡蓮にはちょっと早かった。
c0051991_18092923.jpg
でも、藤がシーズン。
c0051991_18092920.jpg
c0051991_18175828.jpg
c0051991_18092961.jpg
本当にステキなお庭でした。
睡蓮の季節にまた訪れてみたいな。

[PR]
by marolon | 2014-06-26 21:41 | フランス放浪

弾丸パリ旅~メーデーのパリ

4連休ができたのでふらっとパリへ行ってまいりました。

深夜発のTGで出発すると、朝にはシャルル・ド・ゴール空港に到着します。
c0051991_17211401.jpg
この日はメーデー。
空港でスズランを配っていたので頂戴しました。
街中でもスズラン売りの屋台みたいなのがいっぱい。

マレ地区ならメーデーでも開いているお店が比較的多い、とのことで
ホテルはバスティーユ付近にしました。
モンパルナス行のエアフラバスに乗ってリヨン駅で下車。
リヨン駅からホテルまでは10分足らずで便利な場所でした。

ホテルに荷物を置いて、早速街を散策。
c0051991_17211588.jpg
c0051991_17211596.jpg
サンジェルマン・デ・プレのラデュレで朝食のあと、リュクサンブール公園へ。
c0051991_17211500.jpg
街中も絵になるなぁ♪
c0051991_17211539.jpg
彫刻とお花とランナーがいっぱいのリュクサンブール公園。
c0051991_17211536.jpg
お目当てはコレでした。
元祖自由の女神。
パリは何度も訪れているしリュクサンブール公園も初めてじゃないのに、当時は自由の女神がいることを知らなかったのでした。
c0051991_17373269.jpg
何やら雲行きが怪しくなってきました。

[PR]
by marolon | 2014-06-26 20:06 | フランス放浪

グルメと世界遺産の旅(6) ~パリ~

パリ到着。
丁度日本からの飛行機が着いた時間と重なってオペラ行きのバスは激混み。
乗車に手間取って遅れ気味のせいか、運転手さんいらついてます。
飛ばすわ急ブレーキだわ急ハンドルだわ、なんかヨーロッパってこうだったなぁ。

c0051991_1233127.jpgホテルはルーブル近く。
シャンゼリゼに出てクイックでハンバーガーをかじり(ファーストフードが恋しかった・・・)、
バゲットサンドを買い、スーパーで軽く買い物をしてパリでの初日終了。
セーヌ川沿いを通ったら、ライトアップされたオルセー美術館がとてもステキでした。




二日目の午前中はオルセー美術館へ。
第一日曜は美術館無料の日とあって、凄い行列。
私は3回目、母も2回目なので、行けなかったらいいかぁ、と言いつつも
意外と動きは早く、30分ほどの待ち時間で入ることができました。

オルセーって所蔵品はいいけど美術館としての造りが微妙っていうイメージがありましたが、
(駅舎だから仕方ないけど)
リニューアル工事が終わってもやっぱり意味が分かりませんでした。
なんか落ち着かない美術館なんだよなぁ。

一旦ホテルに戻り、ドイツ時代の友人Sちゃんと合流。

わざわざドイツからパリに来てもらっちゃいました。
[PR]
by marolon | 2009-05-27 17:20 | フランス放浪

シャンパーニュ飲んだくれ紀行(4)

セラーを出た時点で12:00過ぎ。
また適当なバスに乗ってノートルダム大聖堂まで戻り、各自、自由行動。
ランスにある最後の世界遺産を押さえるべく、トー宮殿に向かいましたが、この国って12:30から14:00の間、お店も博物館も全て閉まるのよ!!!

c0051991_1810487.jpgそんなわけで、宮殿を柵の間から撮った図。別に面白くも何ともないですね。すみません。

その近くにあるガロロマンの地下柱廊もやっぱりクローズ。
お昼時は素直にご飯を食べろということですかいね。

集合してからお土産購入。
サロン ’95を迷わず購入していましましたわ。
サロンとは、シャルドネ単一種で、しかもヴィンテージシャンパンしか作らないというこだわりをもったシャンパンなのです。
私には憧れのシャンパン。いつ開けようかな。

c0051991_1814698.jpg最後に向かったのはフジタ礼拝堂。
日本人画家藤田何とかいう人が建てたという礼拝堂です。
中は壁中フレスコ画。聖書に基づいた絵なんですが、何か顔がコミカルなんだよなぁ。
歌舞伎役者を漫画にしました、みたいなかんじで面白い。



そんなかんじで、シャンパーニュを後にしました。
帰りの途中、MUMM社やらPOMMERY社やらVoeve Clicquot社を見かけましたが、もう城ですな。財閥??
あ、でも建物は低いんですよ。地下がでかいのでね。

4時間半ほどのドライブで無事、デュッセルドルフ到着。
みんなで中華を食べて、終了しました。
楽しかった。



みんなはどこにいったのかな?
[PR]
by marolon | 2005-07-02 18:25 | フランス放浪

シャンパーニュ飲んだくれ紀行(3)

酔っ払ってぐっすり寝て、翌朝は7時起床。
まずはカフェで朝ご飯。
バゲットとカフェオレでフランスっぽく。
ハムとチーズ入りのバゲットも普通に美味しかったし、友人が頼んだ、カマンベールを乗せてグリルしたのも熱々で美味しい。さすがに濃いけど。
やっぱりフランスはパンが美味しいです。

c0051991_6333976.jpgこちら、ノートルダム大聖堂横にいるジャンヌ・ダルク様。
何をどうやって育てたたらこんなすごい人になれるんでしょうか。
処刑されたときは19歳だそうですが、19歳ってねぇ。



c0051991_6364455.jpg世界遺産、ノートルダム大聖堂は壁の彫刻等も秀逸なものが多く、素晴らしいですが、中のステンドグラスも有名です。こちらはシャガール。
シャンパンの産地らしく、葡萄の摘み取りなども描かれています。
聖堂自体はまぁ、普通。でかいけど。
好き嫌いで言えば、昨日のサン・レミバジリカ大聖堂の方が好きかな。

バスに乗って、昨日行きそびれたセラーへ向かう。
丁度乗りたいバスが信号待ちしてたから乗せて欲しいと伝えたらドアを開けてくれました。
何といういい加減な国民。
旅行にいくときはやはりこうでないと。

そんなわけで、本日訪れたのは、G.H.MARTELというこじんまりしたセラー。
建物が可愛いのです。
セラー見学+シャンパン3種試飲で5ユーロ。それはちょっと安過ぎやしないか?

セラーの見学はやはりモエと同じように、まずビデオにて軽くお勉強。
モエでは摘み取りの後、いきなりブレンドに入ってましたが(つまり、途中の工程の説明なし)、ここではかなり丁寧なつくりのビデオで分かり易かったです。
見学ツアーも月曜日ということもあり、参加者が私達4人だけだったので、親切にして頂きました。
モエのセラーで質問されたことが(しかも答えられなかった)、こちらではきちんと初めから解説に入っていたり。
セラー選びも大きいところと小さいところに行く、というのは気配りも違っていいかもしれません。
大きいところは大きいところなりにやはりテイスティングはいいのを出してくれますからね。

c0051991_7142378.jpgそんなわけでテイスティング。
一本目はピノ・ムニエ単一種のあっさりさっぱり、軽いシャンパン。
暑いときに外で飲むのが最高、という炭酸水みたいなものです。
値段もアンダー15ユーロとお安い。味もお安いけど。



c0051991_7174195.jpg2本目と3本目。
1995年のヴィンテージシャンパン。ヴィンテージは最低5年間熟成させるので、ボトルの2000という数字は販売が始まった年。
ここのセラーで飲んだ中では一番好き。
奥のロゼが3本目。まぁまぁかな。あんまり記憶にありません。

c0051991_7201039.jpg「甘いのを飲んでみたい」とリクエストしたらサービスで出してくれたDEMI SEC。
お酒大好きではない友人2人はこれが気に入った様子。
悪くはないけど、やはり辛口の方が私は好き。




人気blogランキングへ
[PR]
by marolon | 2005-07-02 07:24 | フランス放浪

シャンパーニュ飲んだくれ紀行(2)

c0051991_66260.jpgランスに戻った後、タクシーにて19時までオープンのセラーに向かうが、ツアー開始は18時が最終だそうで、それには残念ながら間に合わず。
タクシーの運ちゃん、「この信号は眠ってる」とか言って信号無視とかしてましたが、いいのか?
折角来たので、近くにある世界遺産、サン・レミバジリカ大聖堂を見学。
丁度、パイプオルガンのコンサートをやっていて荘厳な雰囲気。
外がかなり暑かったので教会独特のひんやりした空気が気持ちいい。

帰りはバスにてホテル方面へ。一人0.8ユーロ也。
安いです。

c0051991_611459.jpg夜、ホテルで飲むようのシャンパンをショップにて購入し、ホテルの冷蔵庫に入れてからごはん。
ホテルの近くにあるシーフードのレストランにしてみました。
ディナーに頂いたシャンパンはこちら、”PIPER HEIDSIECK(ピペ・エドシック)”
フルボトルで45ユーロくらい。ま、お手頃かな。

前菜に生牡蠣とサラダ、こちらはまぁまぁ。
主催はそれぞれ、私以外はみんなパスタ、私はサーモンのタルタルをチョイス。
フランスでパスタは食べるもんじゃないね・・・・・・マズッ( ̄口 ̄∥
魚介だけは美味しくて、具のホタテは美味しいのに~、とか。
私の選択だけが正しかったようです。でも、そんなに食べられない!ってくらいの量でした。

c0051991_6184865.jpg食後のコーヒーを飲んでから、夜のノートルダム大聖堂を見てきました。
予想通り、ライトアップが美しい。素敵です。
こういうのがやはり一泊する醍醐味ですな。



c0051991_6393130.jpgホテルにて飲んだのはこちら。
”GOUTORBE BRUT 1998 Vintage”でございます。
グランクリュのヴィンテージなんて、どんな安いセラーだって価値があるのだ!!!
こちら、ショップで19ユーロでした。ま、お手頃かな、と。

苺があったのでシャンパンに苺を浮かべて頂きました。
冷蔵庫の調子が悪くて冷えがイマイチだったのが悔やまれますが、幸せな味でした。




人気blogランキングへ
[PR]
by marolon | 2005-07-02 06:21 | フランス放浪

シャンパーニュ飲んだくれ紀行(1)

思いつきで実行した女4人、シャンパーニュ飲んだくれ旅行。
シャンパーニュ地方の中心地、ランス(Reims)まではデュッセルドルフから車で4時間半ほど。
迷ったりしているので、順調に行けば4時間弱で着けると思います。

c0051991_0243261.jpg今回宿泊したホテルは、Hotel Crystal、☆2つ。
中庭はとっても素敵。部屋は狭いけど、まぁ、清潔で寝るだけなら充分。
そして破格。オフシーズンなのもあるのかもしれないけど、4人部屋で67ユーロ!!!
ダブルベッド2つなのでとっても狭いですが、1泊だけだし女同士なら充分。

まずはツーリストインフォメーションへ。これがまた可愛らしい建物なのです。
やっぱり定番のモエ・エ・シャンドンへは行きたいねってことで、行き方を聞いてみるも、イマイチしゃっきりしない答え。
電車かタクシーか車で行けとのことだけど、どうにもこうにも。
おいおい、おまいら、観光協会だろうが!とか思ったけど、フランス人に何言っても通用しないからね。
結局、行き方がよくわからないのでタクシー捕まえて行くことにしました。4人ってこういうとき便利。
ところが、タクシーが捕まらないのです。
ホテルのロビーとかで聞いてみても、「駅へ行け」とか言われるし。商売っ気のない人たち。
3つ星クラスのホテルでようやくタクシーを呼んでもらい、モエのあるエペルネーへ。
20km、30ユーロくらい、とか言われてたけど、かる~く倍はありましたよ。距離もコストも。

c0051991_0463614.jpgドン・ペリニヨンで有名なモエ・エ・シャンドン社です。
建物とかバブリーなのよ。ホテルやレストランも経営しているらしてく、もうただのワインメーカーの域を超えておりますな。

見学コースは以下の3つから選べます。
・セラー見学+クラシカル・シャンパン3種テイスティング  21ユーロ
・セラー見学+ヴィンテージ・シャンパン2種テイスティング  17ユーロ
・セラー見学+シャンパン1種テイスティング  8ユーロ

ヴィンテージ・シャンパンに滅法弱い私、迷わずヴィンテージを選択。
ほかの3人も結局、ヴィンテージを選択しました。

セラーの見学は1時間程度。テイスティングを含めたら1時間半程度見ておいたほうがいいでしょう。
ビデオでシャンパンに使われる葡萄の種類、摘み取りから出荷までの製法を軽くお勉強して、地下のセラーへ。
でかっ!!そして寒っ!!!
みなさん、上着は忘れずにね。

樽熟成、瓶内発酵を経てあの独特の炭酸が生まれる過程を説明してくれるけど、たまにわかんない単語があるんだよなぁ。
とにかくなが~いセラーに大量のボトル。いや、凄いです。

c0051991_112754.jpg見学の後は、お楽しみのテイスティング。
飲んだのは以下の2杯。
・Moet et Chandon BRUT Vintage 1999
・Moet et Chandon BRUT ROSE Vintage 1999

すきっ腹で結構きつかったのですが、初めに飲んだ白の美味しかったこと。
爽やかでほんのり舌に残る甘味。
ロゼは色はきれいだけどクセがあります。ロゼを飲んでから白を飲むと、軽いというより薄っぺらに感じられてしまいます。
でも、どちらも美味しい。
お土産もありますが、明日、帰りに寄ればいいねー、と言って覗いただけ。
後でランス街中のショップを見たら、そっちの方が安かったのでもう行きませんでしたが。
4人ともすっかり気分がよくなってセラーを後にしたのでした。

ランスへの帰りは電車で。
あまりにおなかがすいていたので、駅のキオスクでお菓子を買い、電車の中でがっつきながら帰途についたのでした。



人気blogランキングへ
[PR]
by marolon | 2005-06-27 01:10 | フランス放浪

パリで散財

日帰りでパリへ行ってきました。
目的はお買い物のみ。

本日、パリで購入したもの。

c0051991_405088.jpgシャルル・ジョルダンの新作です。
美しいです。

写真はないですけど、ラ・ペルラのシルクのベビードールとガウン。
膝くらいまであるガウンを、と思っていたのですが、店員さんに「この方が絶対可愛い。そんな長いのは10年後でいいわよ」と言われ(私のことを一体いくつだと思ったのでしょうか・・・・・・。もともと童顔ですが、今、抜歯後でまだ顔が腫れているので更に童顔です)、短い丈のものにしました。

そしてジャン・ポール・エヴァンのチョコレート各種。
購入したマカロンを食べながら書いていますが、微妙。
スイスのチューリッヒで買ったマカロンの方がずっと美味しかったです。
でも、ここは日本人スタッフがたくさんいるので、買い物はし易いです。とっても高いけど。



人気blogランキングへ
[PR]
by marolon | 2005-02-13 04:11 | フランス放浪