ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

カテゴリ:アフリカ放浪( 4 )

サファリで野生動物と遭遇

c0051991_11523167.jpg

2007年まで遡って南アフリカ周遊中のボツワナはチョベ国立公園の記録です。
午前中はボートで。

出発!
[PR]
by marolon | 2013-10-12 15:28 | アフリカ放浪

世界遺産紀行~モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝

南アフリカに行ったのは2007年のGW。
写真を整理していたら出てきたので回顧録。

成田から香港経由でヨハネスブルクへ。更に同日、ヴィクトリア・フォールズ入りします。
ヨハネスブルク-ヴィクトリア・フォールズの飛行機は少々遅れていたのですが、
どうせ遅れたからお詫びに、みたいなことを機長さんが言って
水煙舞い上がるヴィクトリアの滝を全員が見えるように飛行してくれました。
つーかそんなことしていいのかよ・・・・・・emoticon-0112-wondering.gif

雨季が明けたばかりなので上空から見ても何が起こってるの?ってくらいの水煙でした。

ドアtoドアで24時間。いよいよジンバブエに入国です!

ヴィクトリアの滝はジンバブエとザンビアの国境にある世界三台瀑布の一つ。
初日はザンビア側から、3日目にジンバブエ側を訪れました。

幅1700m、落差100m、水煙は150mまであがるとのことですが、
ほんとに150mで済んでるんでしょうか?
400から800まであがる説もあるようですし、もう我々の計り知れるレベルじゃありません。



まずは上から。まだ濡れません。水量の少ない時期はプールになるとか。
c0051991_1912840.jpg

ザンビア側。比較的遠くてまだ余裕があります。あ、このあとびしょびしょになりますよ。
c0051991_1914541.jpg

これはジンバブエ側。もうわけが分かりません。びっしょびしょです。
c0051991_1915439.jpg

いい天気なんですよ。ほら、虹が二重に!
c0051991_192210.jpg


マイナスイオン浴びまくり。
いい天気で虹もたくさん出ていて、はじめて1周している虹もみました。
でも、びしょびしょ。
みなさん、カメラの取り扱いには十分注意を。
[PR]
by marolon | 2010-08-09 19:14 | アフリカ放浪

忘れられない時間

南アフリカへ旅したときのこと。
ケープタウンに滞在し、その日はテーブルマウンテンに登る予定の日でしたが、あいにくの雨emoticon-0106-crying.gif
霧が出ていてロープウェイも止まっていて、残念だけど諦めざるを得ませんでした。

ケープタウンは雨の多い街。
大西洋とインド洋が沖でぶつかり、吹き上がった風がテーブルマウンテンにあたり、この街に雨を降らせるのです。
滅多に全景をみることはできないと言われて、テーブルマウンテンが見えた日には何を諦めても登りに行けと言われているほど。

帰国前日。
ツアーが中止になってしまい、時間は余ってるけどもうお金もない。
雨もやんだし、ホテルの屋上でワインでも飲もうか(飛行機の中から拝借してきたやつ)、と外に出てみると、

c0051991_13431374.jpg


これは後で港から撮ったものなので、そのものではありませんが、なんとテーブルマウンテンが見えたのです!
ケーブルカーが動いてるのも見える!!!

この極上景色を眺めながら日の光をたっぷり浴びてワインを飲む。
これ以上の優雅な時間があるでしょうか。


次の日の朝、空港に行く途中に無理矢理寄って貰って、テーブルマウンテンに登りましたーemoticon-0102-bigsmile.gif
c0051991_16151936.jpg

[PR]
by marolon | 2009-01-21 13:45 | アフリカ放浪

わたしのリゾート~ハルガダ~

今回はヨーロッパをちょっと離れて、エジプト紅海沿岸の砂漠リゾート、ハルガダをご紹介します。
リゾートというとどこを思い出しますか??
ハワイ??バリ??沖縄??ゴールドコースト??

日本人には遠くて馴染みがない紅海沿岸リゾートですが、物価は安いし海は有り得ないくらいきれいだし、治安もよく非常に魅力的な土地なのです。
日本からだと直行便がないので、カイロinで国内線もしくは陸路になりますけどね。
ヨーロッパからの便もありますが、殆どはチャーター便になるので、厳しいかも。

ハルガダ直行直帰でピラミッドを見たことがない私には良く分かりませんが、カイロから陸路(バス)で10時間とか何とか。
エジプトのバスは乗り心地もよく、快適だそうですよ。

ハルガダは砂漠です。
リゾートという割には退廃的な空気が漂っております。
道路はぼこぼこだし何となく埃っぽいし(砂が舞ってるのでね)椰子の木なんか生えてないし、高級感とは程遠い雰囲気。
市場なんかに行けば日本円でいったら10円単位のものばっかりですよ。
そして、どっかの海の家から盗んできたような小汚いプラスチックの椅子に座って水タバコをくわえたおっちゃんやら兄ちゃんがチャイなんかをすすっていて。
勿論、高級リゾート街もあるのだけど、行ってないのでイマイチわかんないです。

私がここを訪れる理由はスキューバダイビングに他なりません。
物価がとにかく安いので、ダイビングフィーもとっても安いのです。
ハルガダ唯一、日本人スタッフのいるショップに寝泊りし、宿泊代も無料。更に朝ご飯と昼ご飯つき。
別途かかるのは夕飯とお土産くらいのもので、お土産といっても大して買うものもないし、夕飯だってものすご~い贅沢したって1000円くらいですから。

紅海でのダイビングは本当に素晴らしいです。
残念ながら、季節が悪く、それほど透明度の高い時期には行ってないのですが、それでもやっぱりきれい。
夏のいい時期なんかに行ったら、すごいことになるんでしょうね~。
地形派ダイバーの私としては、ドロップオフやら洞窟がある「ウムガマル」というポイントがお奨めです。
ここで見た大物はサメ(ホワイトチップ)とウミガメ、ナポレオンってとこでしょうか。
運がよければイルカと泳げるそうですよ。

昼間は近くのリゾートホテルに泊まっている方なんかもいらっしゃいますが、夜、ショップに寝泊りしているのは殆どがバックパッカー。
みんなでご飯を食べに行くのも楽しい。
海沿いですので、魚介類もなかなか美味しいのです。
でも、イスラム圏なのでお酒は通常、飲めません。知っている人と一緒に行けば、お酒を飲めるレストラン、お酒を売っているところ、持込可のところを教えて貰えます。

場所は説明できないけど、お奨めはエルミナというシーフードレストラン。
ここのエルミナスープ(魚介のスープ)は具沢山であっさりしてて本当に凄いのです。
よく、ガイドブックにはピザが美味しいって書いてありますけど、私的にはナシでした。

イスラム圏全体にいえることかもしれませんが、普通のコーヒーが飲みたいときは「ネスカフェ」と言わないと、泥水みたいなトルココーヒーだか何だかが出てきます。
私は飲めませんでした。



みんなの旅日記を覗いてみよう
[PR]
by marolon | 2005-02-23 00:29 | アフリカ放浪