ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

カテゴリ:オーストラリア放浪( 18 )

タスマニア紀行~stage13 ナイトウォークツアー

タスマニアに住んでいる動物たちは殆どが夜行性です。
元気に動き回る彼らを観察したければ夜のツアーに参加すべし!
昼間とは比べ物にならない動きを見せます。
が、暗い上、動きが速いので写真はあんまり撮れません。

20時半出発でバスに乗り込んだ途端、敷地内にワラビー。
c0051991_18112109.jpg
ホテルから数分走った藪の中にもワラビ―。
c0051991_18112121.jpg
野生ではありませんが、デヴィルの餌付けも。
c0051991_18112239.jpg
c0051991_18112189.jpg
あまりに素早過ぎて写真撮れませんでしたが、昼間は寝ているばかりのクォールも元気に走り回っていましたし、ウォンバットもそこら中をうろうろしてました。

朝の散策中、野生ウォンバットが足元にemoticon-0104-surprised.gif
c0051991_18112278.jpg

[PR]
by marolon | 2015-01-23 18:01 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage12 ダブ湖周遊

クレイドル・マウンテン国立公園にやってきました。
到着時刻は16時を回っていましたが、まだまだ明るいし散策も可能、明日は予報は雨、ということで夕方からダブ湖一周ハイキングコースへ。
c0051991_16153655.jpg
ビジターセンターから20分ほどでダブ湖駐車場に到着。
周遊コースは6km、1.5~2時間ほどのフラットなコースになります。

c0051991_16153603.jpg
クレイドル・マウンテンがきれいに見えて、水もきれい。
c0051991_16153694.jpg
c0051991_16153640.jpg
c0051991_16153637.jpg
明日は雨の予報の通り、だんだん雲が出てきました。
日本人女性且つ特に普段山歩きをしていない私の足でも2時間ほどでした。







おまけ
[PR]
by marolon | 2015-01-15 18:03 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage11 トロワナ・ワイルドライフパーク

タスマニア島内でも最も動物に触れられるという噂を聞いて、トロワナ・ワイルドライフパークにやってきました。
ガイドツアーは夏季だと11時、13時、15時の3回になります。
ガイドツアーに参加せずにもパーク内は見物できますが、エサやりの様子や動物と触れ合うためにも、ここは是非参加したいところ。
c0051991_16323529.jpg
絶滅寸前のクォール
c0051991_16323563.jpg
カンガルーがパーク内を飛び回り
c0051991_16323634.jpg
ウォンバット
c0051991_16323663.jpg
c0051991_16323625.jpg
ウォンバットは抱っこもできちゃいます。
c0051991_16323671.jpg
タスマニアンデヴィル!
c0051991_16323640.jpg
なでなでさせて貰えました。





デヴィルたる所以。
[PR]
by marolon | 2015-01-15 16:31 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage10 リッチモンド

c0051991_16041786.jpg
オーストラリア最古の石橋があるリッチモンド。
c0051991_16041783.jpg
静かでのどかな田舎町でした。
(滞在時間30分)

[PR]
by marolon | 2015-01-14 20:02 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage9 イーグルホークネック

c0051991_14261030.jpg
泊まったホテルのたまたま近くだったからという理由だけで何の気なしに立ち寄ったイーグルホークネック。
想像以上の絶景でした。
c0051991_14261054.jpg
c0051991_14261096.jpg
デヴィルズキッチン。
写真じゃ伝わらない迫力。
断崖絶壁!
c0051991_14285613.jpg

ブローホール。
ここ、ずーっとみてるとたまにばしゃーんってなるんですよ!
c0051991_14291276.jpg
c0051991_14261025.jpg
c0051991_14261086.jpg
早朝のため観光客はゼロ。
漁師さんにしかお会いしませんでした。

[PR]
by marolon | 2015-01-14 13:58 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage8 ポートアーサー

c0051991_13445011.jpg
今では夢のように美しい観光地となっていますが、かつては囚人の中の囚人が収容される脱獄不可の刑務所と言われた負の遺産であるポート・アーサーはタスマニア島の中でも南東の外れ、タスマン半島の先端にあります。

街自体が歴史地区として世界遺産指定されており、半日、終日、複数日に渡ったツアーも開催されています。
勿論ツアーに参加せず、独自で周ることも可能。

ビジターセンターでチケットを購入し、歴史地区に足を踏み入れた途端、あまりの美しさにほぉっとなりました。
c0051991_13445045.jpg
c0051991_13445068.jpg
c0051991_13445003.jpg
c0051991_13445019.jpg
こんな美しい景色の中に、かつての独房。
c0051991_13531297.jpg
c0051991_13512720.jpg
c0051991_13444931.jpg
なかなかオドロオドロしいです。
夜のゴーストツアーなんかもあるみたいですよ。
c0051991_13444911.jpg
c0051991_13444980.jpg
タスマニアのパンフレットやガイドブックの表紙になっている教会もありました。
c0051991_13444902.jpg
時間がなく、あまりゆっくり周れませんでしたが、ツアーに参加すればクルーズで外から観ることもできるようです。

12月なのでオーストラリアは真夏のはずですが、小雨の降る夕方ポートアーサーはダウンが必要なくらいの寒さでした。
温度管理には十分なご注意を。

[PR]
by marolon | 2015-01-13 18:27 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage7 ワイングラスベイ

タスマニアにはたくさんの国立公園がありますが、フレシネもその一つ。
東海岸の半島にあります。
国立公園入園料はビジターセンターで購入できます。
私たちはこの後も国立公園に入園する予定があったので、車1台(8人までOK)のホリデイパス(8週間有効)を60ドルで購入しました。

フレシネ国立公園の一番の見どころ、ワイングラスベイへは専用の駐車場から45分の山登り。
駐車場がいっぱいで停められないかもしれない、とビジターセンターで脅されましたが、行ってみたら特に問題なく停められました。
c0051991_12072802.jpg
てくてく登って、
c0051991_12072800.jpg
丁度着いたら雨emoticon-0106-crying.gif
丁度お昼時だったので仕方なく雨の当たらない岩の影で持ってきたパンをむしゃむしゃしようとしたら、
c0051991_12072874.jpg
晴れ間がemoticon-0157-sun.gif
太陽が出るとこんなに海の色が変わるんですよ!
見事なまでに美しいブルーでした。
c0051991_12072873.jpg
帰り道、木々の間から見える海もきれい。

[PR]
by marolon | 2015-01-11 11:40 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage6 ロスの町並み

c0051991_11193913.jpg
魔女の宅急便のモデルになったパン屋がある、ということで無理矢理行程にねじ込みましたが、本当に何もない小さな町です。
正直、宿泊する必要はなかったなぁ。
お昼前後に立ち寄るのがベスト。

そんな小さな町の見どころナンバー1はロス・ブリッジ。
オーストラリアで3番目に古い橋だそうです。
c0051991_11193992.jpg
c0051991_11193893.jpg
ホバートとロンセストンを結ぶヘリテージハイウェイにあります。
c0051991_11193959.jpg
郵便局も可愛らしい。
c0051991_11193943.jpg
のどかで本当に何もない町でした。

[PR]
by marolon | 2015-01-10 15:28 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage5 Kirstyのコテージ

c0051991_11193937.jpg
パン屋さんに泊まれるのかと思ったらちょっと離れたところにある別棟でした。
c0051991_11193980.jpg
暖炉のあるリビングに
c0051991_11205563.jpg
キッチン広々。
並べられたワインは全部飲んだわけじゃないですよ!

寝室も2ヶ所あり、暖房、電気毛布、シーリングファンなどが完備された、素朴な外観なのに設備充実、という素晴らしい宿でした。

[PR]
by marolon | 2015-01-10 12:04 | オーストラリア放浪

タスマニア紀行~stage4 魔女の宅急便のパン屋に潜入

魔女の宅急便に出てくるパン屋さんのモデルになったことで有名なRoss Bakery Innに宿泊してきました。
といってもキキの屋根裏部屋はミニマム2連泊でとても日程が組めませんのでコテージの方に。
c0051991_10580855.jpg
ちょっと天気が悪かったので微妙な写真しかありませんが、素朴な町並みに可愛らしい建物です。
c0051991_10580828.jpg
お庭にはわんこが。

朝食も頂きました。
c0051991_10580806.jpg
c0051991_10580813.jpg
他にもトーストを焼いて頂きましたよ。
食べきれなかったパンはお持ち帰りにさせて頂きました。
c0051991_10580857.jpg
厨房にも潜入。
パンを焼くお父さん。無愛想ながらステキです。

この後、大量にお客さんが押し寄せてしまい、キキの部屋は見学させて貰えませんでした。
残念。

[PR]
by marolon | 2015-01-09 18:55 | オーストラリア放浪