ブログトップ

Vagrant life

marolin.exblog.jp

アルトビア

ドイツはビールの国。
国中で作られているビールは5000種類以上と言われています。

その中から、デュッセルドルフの地ビール、アルトビアをご紹介します。

ビールには昔ながらの製法で作られる上面発酵ビールと、15世紀にドイツ発見された製法で作られる下面発酵ビールがあります。
発酵の終わりに酵母が浮くのが上面発酵、沈むのを下面発酵というようです。
アルトビアはその名が示すように(altは古いという意味)、昔ながらの醸造法で作られた上面発酵ビールです。

濃い琥珀色をしており、苦味の中に甘味もある、軽いけれどコクがあるビール。
アルコール度数も炭酸も比較的低め。
見た目ほどではないですが、弱冠、クセがあるので、初めは苦手な人も多いですが、逆にクセになる、あとを引くビールです。

デュッセルドルフでは至るところでアルトビアを飲むことができますが、中でも一番のお奨めはシューマッハー
デュッセルドルフ一のアルトビアを飲むことができる上、ドイツっぽい雰囲気も味わえるお奨めのビアホールです。
観光客も多いけど、地元の人も多いです。
ウェイターのおっさんは大抵、英語を喋れません。

200mlのグラスに入った琥珀色の液体をトレイの上に乗っけて歩き回るおっさん。
グラスが空になりそうだと、何か言う前に新しいグラスをぽんっと置かれます。
コースターの周りに鉛筆で線を引いていくのがドイツ流なのかシューマッハー流なのか知りませんが、酒豪と一緒に行った日には、気付いたら1周終わって裏までも、なんてことも。
ビールはさほど得意でない私ですが、それでもここに来たら5杯以上は飲みますよ。
雰囲気もありますが、炭酸がきつくないので飲みやすいんです。

ちなみにシューマッハーのアルトビアは一杯1.5ユーロ。
日本円にしたら200円程度ですね。

家で飲む場合、330mlビン6本で5ユーロかかりません。
先ほど、調べてみたところ、ドイツのアルトビア(フランケンハイム)6本、3885円だそうです。
ふざけてる??



人気blogランキングへ
[PR]
by marolon | 2005-02-01 22:43 | ドイツアレコレ
<< カーニバル モーゼルワイン紀行 >>